野村資本市場研究所

金融・資本市場の健全な発展のために
野村資本市場研究所は、
実務に根ざした研究および政策提言を
中立的かつ専門的に行い
わが国の金融・資本市場の健全な発展に
貢献していきたいと考えています。

金融・資本市場の調査・研究

野村資本市場研究所では「中立性」「専門性」「実践性」を基本方針としつつ、金融・資本市場の中長期的・構造的なテーマに関する研究を行っております。研究成果は、季刊誌「野村資本市場クォータリー」および本ウェブサイトなどを通じて国内外に発信されております。

野村資本市場クォータリー

国内外の金融・資本市場の話題、出来事について解説。

最新号:2022年春号(5月発行)
野村資本市場クォータリー

野村サステナビリティ
研究センター

野村サステナビリティ研究センターは、野村資本市場研究所による客観的・実践的な研究に立脚しながら、金融・資本市場と密接なサステナビリティ関連テーマの組織的・戦略的な抽出・モニタリングを行い、情報発信や各種提言をはじめとする活動に取り組んでいます。

野村サステナビリティクォータリー

日本や海外のサステナブルファイナンス市場、ESG/SDGs関連の話題、について解説。

最新号:2022年冬号(2月発行)
野村サステナビリティクォータリー

お知らせ

  • 2022/5/9

    江夏あかね野村サステナビリティ研究センター長が共著した、Naoko Nemoto & Lian Liu編『Strengthening Environmental, Social, and Governance Investment under COVID-19』が、Asian Development Bank Instituteより発刊されました。

  • 2022/4/6

    江夏あかね野村サステナビリティ研究センター長のコメントが日本経済新聞電子版「ESG地方債広がる 22年度は14自治体発行、前年から6増」に掲載されました。(2022/4/6)

  • 2022/3/30

    江夏あかね野村サステナビリティ研究センター長が序文を執筆した、「JPX-QUICK ESG課題解説集 ~情報開示推進のために~」〔日本取引所グループ、QUICK共同制作〕が公表されました。

  • 2022/3/29

    江夏あかね野村サステナビリティ研究センター長が共著した、Rajah Rasiah, Gopi Krishnan & Azleen Osman Rani編『Financing Sustainability: Critical Issues with East Asian Experiences』が、University of Malaya Pressより発刊されました。

  • 2022/3/25

    関雄太常務が分担執筆で参加した野村證券ゴールベース研究会編『ラップ口座入門』が、日本経済新聞出版より発刊されました。

  • 2022/2/18

    江夏あかね野村サステナビリティ研究センター長のコメントが神戸経済ニュース「(解説)兵庫県の22年度予算案、財政健全化の「斎藤路線」見せる 市場は評価か」に掲載されました。(2022/2/18)

  • 2022/2/4

    江夏あかね野村サステナビリティ研究センター長のコメントがブルームバーグ「ESG Weekly: ESG地方債が拡大中、脱炭素の負担軽減策も後押しへ」に掲載されました。(2022/2/4)

  • 2022/1/31

    江夏あかね野村サステナビリティ研究センター長のコメントが読売新聞「ESG債 発行急増 21年、前年比6割増 国内3兆7653億円」に掲載されました。(2022/1/31)

  • 2022/1/11

    江夏あかね野村サステナビリティ研究センター長のコメントが『日経ESG』2022年2月号「ESG債 低利率でも人気、サステナビリティ・リンク・ボンド 野心的目標で意欲をアピール」に掲載されました。