会社概要

商 号 株式会社野村資本市場研究所
取締役社長 飯山 俊康
住 所 〒100-8130 東京都千代田区大手町二丁目2番2号アーバンネット大手町ビル 18F
資本金 1億1千万円

当研究所は、1965年以来、野村総合研究所で行われてきた金融・資本市場および金融機関の制度・構造・動向等に関する調査の伝統を引き継ぎつつ、実務に根ざした研究および政策提言を中立的かつ専門的に行うことを経営の基本方針に掲げた株式会社として、2004年4月1日に発足しました。
日本の経済・社会の持続的発展のためには、市場メカニズムを活用したマネーフロー構造の強化が重要課題であるという認識は、広く共有されていると考えます。当研究所では、複線的な金融・資本市場の確立に向けた、構造的な改革に寄与するべく、日本のみならず、欧米先進諸国の市場経済が直面する、グローバルかつ先端的な課題の調査研究に尽力しております。
また、中国や新興国経済における金融・資本市場の適切な運営のあり方を、ファンダメンタルズ分析や日米欧市場の経験に関する比較研究を踏まえつつ考察していくことも、当研究所の重要な使命であります。
2019年12月には、当研究所に野村サステナビリティ研究センターを設けました。ESG、SDGsといった環境的・社会的課題への関心が国際的に高まる中、金融・資本市場と密接なサステナビリティ関連テーマに係る調査研究に従事して参ります。
以上のような当研究所の調査研究活動の成果の一端は、季刊誌『野村資本市場クォータリー』『野村サステナビリティクォータリー』及び、ウェブサイト(日本語、英語、中国語)などを通じて広く世界に発信されております。

オフィスマップ

地下鉄大手町駅

東京メトロ丸の内線 東京メトロ 半蔵門線 東京メトロ 千代田線 東京メトロ 東西線 :A5, B2 出口
都営三田線 :C12 出口

JR 東京駅

丸の内中央口、丸の内北口