トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報
統計・データ
資本市場の主な出来事
日本
米国
欧州
アジア
市場の各種推移
資本市場の主な出来事
米国市場 2017年1月〜3月
2017年1月〜3月の他の市場の出来事を見る
日本 欧州 アジア
2017年 3月
28日 ブラックロック、運用成績が低迷するアクティブ型株式ファンドの再編を実施。一部のクオンツ型ファンドへの移行と人員の整理を予定。
22日 SEC、証券取引の決済周期を現在の3営業日(T+3)から2営業日(T+2)とする規則改正案を採択。金融市場における安定性の強化と海外市場に足並みを揃える狙い。
13日 トランプ大統領、行政管理予算局(OMB)に対し、行政機関の簡素化を命じる大統領令に署名。各機関の責任者は、OMBに対して180日以内に再編計画を提出。
 
  トランプ大統領、CFTC委員長にクリストファー・ジャンカルロ委員を指名。経済成長の促進・金融市場の強化・適正なオペレーションを課題として挙げる。
 
  トーマス・ホーニグ連邦預金保険公社(FDIC)総裁、銀証分離を条件とする商業銀行の規制負担の軽減案を提出。銀行・投資銀行業務を異なる中間持ち株会社の傘下に。
このページの先頭へ
2017年 2月
23日 ミネソタ地区連邦裁判所、DOLによるFD規則のレビュー実施期間中の訴訟審理の停止を求める司法省(DOJ)の請願を棄却。原告に対して不公平との理由。
16日 トランプ大統領、法学者アレキサンダー・アコスタ氏を労働長官に指名。ブッシュ政権時の司法次官補等の実務経験を活かし、FD規則の見直しを主導する見込み。
15日 マイケル・ピウォワーSEC暫定委員長、執行局の局長以外の高官20人余りの召喚状発行権限を撤回。調査の件数が過度に増えたことを問題視。
13日 連邦議会上院、スティーブン・ムニューシン氏を財務長官として承認。トランプ政権が主要政策に掲げるインフラ投資・減税・規制緩和を主導する見込み。
 
  CFTC、2017年3月1日に予定されていた変動証拠金規制の適用対象拡大に6か月間の猶予を設定し、実質的に延期。
10日 ブラックストーン、確定拠出型年金レコードキーピング業務において業界5位のエーオン・ヒューイットの買収を発表。
8日 テキサス北部連邦地区裁判所、証券業金融市場協会(SIFMA)、米国商工会議所等9つの業界団体から成る原告の主張を全て退け、DOLのFD規則を支持。
3日 トランプ大統領、大統領令において金融規制に関する中核的原則を示し、財務長官に対しドッド・フランク法のレビューを指示。令及び労働長官に対しFD規則の見直し及び適用延期を求める覚書に署名。
1日 商品先物取引委員会(CFTC)、欧州の証拠金規制(2月4日に適用開始)に対する同等性評価が間に合わず、規制の重複の回避のため時限的に米国規制の適用を一部免除。
このページの先頭へ
2017年 1月
30日 トランプ大統領、新たな規制を導入する際、既存の2つの規制撤廃を義務付ける大統領令に署名し、選挙公約を果たす。
25日 NYSE、傘下のNYSE MKTに注文執行速度を350マイクロ秒遅らせるスピード・バンプを導入する計画を公表。インベスターズ・エクスチェンジ(IEX)に対抗する狙い。
23日 SEC、ピオワー委員が暫定委員長に就任。クレイトン委員長候補の就任まで務める。
17日 SEC、2012年に公表した統合取引監視システム(CAT)のプランプロセッサーとしてセーシス(Thesys)を選出。株式・オプション市場における監督機能の向上が狙い。
12日 SEC、2017年度の優先検査項目(Examination Priorities)を公表。MMF、ファンドラップ・フィー、ロボ・アドバイザー、高齢な投資家の保護を最優先事項に特定。
11日 ニューヨーク証券取引所(NYSE)、取引対象銘柄の増加を発表。現在NYSE上場銘柄に限定されている取引対象銘柄に、2017年末までに全米の全上場銘柄(ETFを含む)を追加。取引銘柄数は、現行の3,166からおよそ8,600に増加する見込み。
 
  証券取引委員会(SEC)、販売会社が販売関連手数料を設定する新たなシェアクラス(クリーン・シェア)を容認するノーアクション・レターを発出。労働省(DOL)フィデューシャリー・デューティー規則(FD規則)への対応の一環で登場。
 
  金融取引業規制機構(FINRA)、2017年の優先検査項目(Examination Priority Letter)を公表。ハイリスクなブローカー・悪質な販売慣行・財務リスクを誘引する慣行・オペレーショナルリスクの管理体制・相場操縦の5項目を最優先事項に特定。
2016年10月〜12月へ 2017年4月〜6月へ


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.