トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

[PDF] バックナンバー一覧
資本市場クォータリー 1997年秋号
クレディ・スイスとヴィンタートゥーア保険の合併
落合 大輔
要約
[PDF] 全文PDFダウンロード
1. 8月11日、総資産ベースでスイス最大の銀行であるクレディ・スイスと、スイスの4大保険会社の一つであるヴィンタートゥーア保険が合併することで合意したことを発表した。総資産ベースで欧州第3位の総合金融機関が誕生することになる。

2. スイスでは、3大銀行と4大保険会社が何らかの形で提携を結んでおり、クレディ・スイスとヴィンタートゥーアも昨年から、企業年金を専門とする保険会社を共同で設立するなど、既に提携関係を結んでいた。

3. ただ、大型合併に至るのは今回が初めてである。その背景としては、クレディ・スイスのグート会長が以前より規模を重視していたこと、ヴィンタートゥーア側に保険業務だけでは独立を貫くことは難しいという判断があったと思われること、が考えられる。また、両社の合併は昨年からの既定路線で、行動する投資家として有名なエブナー氏がヴィンタートゥーア株式の25%を買い占め経営に圧力をかける姿勢を示したことが、引き金となったとの見方もある。

4. 欧州では、80年代後半から、銀行業務と保険業務の兼営(バンカシュランス)が見られた。当初の銀行と保険会社の協力という面が薄れ、最近は銀行の保険市場への進出という意味合いが強くなっている。これに対し、英国の大手保険会社が銀行業務に乗り出すといった新しい動きも見られるようになっており、今後の動向が注目される。

落合 大輔の他の論文を見る

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.