トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

[PDF] バックナンバー一覧
資本市場クォータリー 1997年夏号
ナット・ウェストの戦略見直し
落合 大輔
要約
[PDF] 全文PDFダウンロード
1. ナット・ウェストは、トレーダーによるオプションのプライシングに関する不正事件をきっかけに、投資銀行業務でグローバル・トップ・テンを目指すという戦略の見直しを迫られている。

2. ナット・ウェストは、95年以降、英米のM&A専門ブティック証券会社や米国の債券プライマリー・ディーラー、英国のファンド・マネジメント会社を相次いで買収し、証券業務の強化を図ると同時に、リテール業務を中心とする商業銀行業務の合理化を進めてきた。

3. しかし、これまでの所、証券業務部門強化の成果は限られている。リテールに特化する戦略を採用したロイズTSBの業績がよいこともあり、証券業務に注力してきたナット・ウェストへの批判が高まっているのである。したがって、今回発覚した不正事件だけが、戦略見直しを迫られている原因であるわけではない。

4. 今回の戦略見直し要求が、リテール業務の環境がよいという短期的な要因によって、必要以上に強いものとなっていることは否定できない。英国で、証券業務の強化を最も積極的に行ってきたナット・ウェストが、その戦略を貫くことができるかが注目される。また、スイスやドイツでは大手銀行の戦略が似通っているのに対し、英国の4大銀行は戦略も多様である。どの銀行のどのような戦略が成功を収めるかも興味深い。

落合 大輔の他の論文を見る

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.