トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

[PDF] バックナンバー一覧
資本市場クォータリー 1997年夏号
スタートした英国のオープン・エンド型会社型投資信託
落合 大輔
要約
[PDF] 全文PDFダウンロード
1. 英国では、97年1月にオープン・エンド型の会社型投資信託(OEIC)が導入された。その後、内国歳入庁の税制上の取扱いに関する決定を待って、5月に第1号となるグローバル・アセット・マネジメント・ファンドが設立された。

2. 英国ではオープン・エンド型の契約型投信であるユニット・トラストが主流となっているが、もともと英米法の概念である「トラスト」が大陸欧州では馴染みが薄く、受け入れられなかった。英国の投信会社がルクセンブルグでオープン・エンドの会社型投資信託を設立しEU域内で販売するケースも増え、国内での導入が求められた。

3. OEICは会社型ではあるが、会社法ではなく、金融サービス法の規制を受ける。法人取締役の設置が義務づけられることや、柔軟な商品性が認められるなど、ユニット・トラストやインベストメント・トラストにない特徴を備えている。

4. 我が国でも、日本版ビッグバンの一環として、会社型投信の導入が検討される。投資信託の商品性の多様化がどのような影響をもたらすか、英国での動向が注目される。

落合 大輔の他の論文を見る

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.