トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

[PDF] バックナンバー一覧
資本市場クォータリー 1999年冬号
ドイツ銀行のバンカーズ・トラスト買収
落合 大輔
要約
[PDF] 全文PDFダウンロード
1. ドイツ銀行がついに米国投資銀行の買収を決行した。総資産ベースで米国8位のバンカーズ・トラストを買収することにより、ドイツ銀行はUBSやシティ・グループを抜き、世界最大の銀行となる。

2. グローバル金融機関をめぐる競争は、投資銀行業務を中心に議論されてきたため、今回の買収も、投資銀行業務の強化に焦点が当たっている。もちろん、投資銀行業務の強化も重要な目的の一つではあるが、その他、アセット・マネジメントやカストディ業務といった、規模の経済が働き安定した収益が得られる業務の拡大、銀行業務での強化も視野に入れられている。

3. 今年ドイツ銀行は、今回の買収の他にも、顧客を中心とする組織改正を行ったほか、リテール部門の独立子会社化、クレディ・リヨネ・ベルギーの買収、保有株式の別会社への移管など、大きな決断を必要とする経営戦略を矢継ぎ早に打ち出してきた。グローバル・バンクとしての飛躍への意欲が見られる。

4. これまでところ、今回の買収に対する金融関係者の評価は低い。しかし、カルチャーの融合などの難点を超えずして、成功はありえない。ドイツ銀行の果敢な行動の結果が注目される。

落合 大輔の他の論文を見る

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.