トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

[PDF] バックナンバー一覧
資本市場クォータリー 2000年秋号
成立した英国金融サービス・市場法
落合 大輔,林 宏美
要約
[PDF] 全文PDFダウンロード
1. 「1986年金融サービス法」を改正し、英国の金融規制を定める「2000年金融サービス・市場法」が、2000年6月、ようやく成立した。これにより、1997年5月のブレア政権発足時に発表された金融・資本市場規制改革に法的な裏付けが与えられることになった。

2. 金融サービス・市場法によって、法律上の公的な金融、証券規制機関として位置づけられた金融サービス庁(FSA)が、銀行業、証券業、保険業を横断的に規制、監督することになる。

3. 99年6月17に大蔵省が議会に提出した法案は、2,100カ所もの修正を受け、金融サービス・市場法は、成立までに最も多くの修正を受けた法律となった。最も大きな議論となったのは、FSAの責任の確保、民事制裁に関する欧州人権条約との整合性、企業買収合併審査委員会の権限、の3点であった。

4. FSAは、公衆に対する啓蒙活動や投資家補償制度の見直しなど、新しい規制体系への移行に向けて、精力的に活動している。

金融サービス・市場法の成立を受けて、関連する法律や規則の修正作業が必要となる。議会での審議が必要な法改正だけでも、91もの改正が必要とされている。また、既存の自主規制機関の統合作業や、12,000に上る認可業者の審査などが必要なため、新しい規制体系への移行が完了するのは2001年7月頃になる予定である。

落合 大輔の他の論文を見る    
林 宏美の他の論文を見る

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.