トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

[PDF] バックナンバー一覧
資本市場クォータリー 2000年夏号
企業再編と株式持ち合い
淵田 康之
要約
[PDF] 全文PDFダウンロード
1. 世界的にM&Aが活発化している。特に、経済システムの面でわが国との類似性が指摘されてきたドイツにおいても、大企業がM&A戦略を重視するようになってきている。

2. これに対して、わが国においては、他の先進国に比べて限定的にしかM&Aが行われていない。

3. 今後、我が国においてM&Aが意味のある形で根付くためには、まず、企業及び金融機関が自らの株式保有のあり方を、根本的に見直していくことが先決であろう。

4. 株価低迷や、時価会計の導入に伴い、株式持ち合いの解消は進展している。しかし、市況や制度変化に促された受け身の対応ではなく、株式保有のあり方を戦略的に再検討していくことが望まれる。

淵田 康之の他の論文を見る 研究員紹介へ

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.