トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

[PDF] バックナンバー一覧
資本市場クォータリー 2000年夏号
プライベート・バンキングからウェルス・マネジメントへ
沼田 優子
要約
[PDF] 全文PDFダウンロード
1. 米国では、富裕層向け金融市場の拡大が見込まれるため、金融機関が業態を超えた覇権争いを繰り広げつつある。彼らは、プライベート・バンキングよりも広い概念の「ウェルス・マネジメント」を標榜するようになっている。

2. 各金融機関は現在、富裕層向け商品の提供とともに、これらを有機的に結び付ける手腕が問われている。伝統的にプライベート・バンクがこの役割を担ってきたが、細分化された市場の中で、規模の経済が働きにくい体質となりつつあったこともあり、再編の渦中にある。

3. 証券業務に従事する金融機関にとっては、機関投資家的なサービスを求める新興富裕層の台頭という追い風が吹いている。資産運用の重要性が高まる中で、運用・商品供給力を生かせるからである。保険会社はメイン金融機関というよりは、複雑な商品を提供する専業業者として見られがちであるが、営業職員レベルでは、相続対策等も含めたファイナンシャル・プランニングのアプローチが実を結びつつある。

4. 新興富裕層の中には、全てを金融機関に任せるのではなく、自らも意思決定に参加したがる者が少なくない。従って、資産管理を一元化し、取引も行えるオンライン・システムと、担当者制の併用は、不可欠となりそうである。

沼田 優子の他の論文を見る

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.