トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

[PDF] バックナンバー一覧
資本市場クォータリー 2001年夏号
マレーシアの資本市場育成10ヶ年計画
銭谷 馨
要約
[PDF] 全文PDFダウンロード
1. 2001年2月22日、マレーシア証券委員会は、マレーシア資本市場育成のための10ヶ年計画「マレーシア資本市場マスタープラン」を発表した。

2. マレーシア資本市場は、アジア金融危機のダメージから未だ回復しておらず、解決すべき課題は多い。これらの課題を整理し、今後の方向性を示す包括的ビジョンの作成が希求され、そのニーズに応えるものとしてマスタープランが作成された。

3. プランの遂行は3フェーズに分かれ、1)国内の基盤強化、2)段階的な市場開放、3)資本市場の更なる拡大、の順に進められる予定である。

4. マスタープランの提言事項は、1)資金調達機能の強化、2)資産運用業務の強化、3)市場機構の競争力強化・効率化、4)仲介業者の強化、5)規制体系の見直し、6)イスラム金融センター化、の6つの柱からなる。更に152項目にわたる具体的施策が提案されている。

5. マスタープランは既に進行しているプログラムが多く盛り込まれており、特に新しい方針が示されているわけではないが、マスタープランという包括的なビジョンを改めて発表したことで、マレーシアの資本市場の活性化に向けた強い意欲が感じられる。

銭谷 馨の他の論文を見る

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.