トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

[PDF] バックナンバー一覧
資本市場クォータリー 2007年秋号
新たな自主規制機関FINRAの誕生
関 雄太
要約
[PDF] 全文PDFダウンロード
  1. 全米証券業協会(NASD)とニューヨーク証券取引所(NYSE)の会員規制機能(NYSEレギュレーションによって担われていた)の合併により、米国証券業界の新たな自主規制機関FINRA(金融取引業規制機構)が発足した。FINRAは、約5,100社にのぼる全米の会員証券会社や登録外務員の監督などを行い、米国証券業界の自主規制の中心的な役割を担うことが期待されている。
  2. NYSEの株式会社化・上場や、米国の証券市場規制における国際競争力の議論などを背景に進んできた米国の自主規制機関の再編は、FINRAの誕生によってひとつの節目を迎えたと言える。
  3. 今後は、FINRAの独立性とガバナンス、自主規制の効率性、ルールブックの統一などが注目点となろう。

関 雄太の他の論文を見る 研究員紹介へ

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.