トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

[PDF] バックナンバー一覧
資本市場クォータリー 2010年春号
高まる「国進民退」への批判−「国退民進」こそ中国が目指すべき方向−
関 志雄
要約
[PDF] 全文PDFダウンロード
  1. 改革開放以来、中国は市場経済化の一環として非国有企業の発展と国有企業の民営化を進めてきた。その結果、経済の中心が効率の低い国有企業から生産性の高い非国有企業に移ってきている。しかし、2008年9月のリーマンショックとそれに対応するための政府の対策の実施を受けて、土地購入やM&Aなど、一部の分野において、国有企業のシェア拡大と民営企業のシェア縮小という傾向が見られている。これは市場化を軸とした経済改革に逆行し、経済成長を抑えるものとして懸念されている。

関 志雄の他の論文を見る 研究員紹介へ

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.