トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

[PDF] バックナンバー一覧
野村資本市場クォータリー 2011年夏号
中国で急増し始めた元本保証型投信
新井 竜雄
要約
[PDF] 全文PDFダウンロード
  1. 中国では2011年に入り、元本保証型投信の募集・設定が急速に伸び始めたことが大きな話題を呼んでいる。2011年6月末時点の中国の投信残高全体に占める元本保証型投信の割合は2.1%に過ぎない。しかしながら、年初からの半年間で残高は前年末比約2.1倍に急増し、今後、更に増えるものと見込まれている。
  2. 同投信の元本保証スキームは、投資勘定を債券等の安全資産と株式等のアクティブ資産に分類し、その配分比率を弾力的に調整するCPPI手法を用いており、中国の比較的高い金利がこのスキームを可能にしていると考えられる。
  3. 元本保証型投信が急増した背景には、(1)保証会社の規制緩和、(2)銀行の投信窓販、(3)ベンチマークを上回る運用パフォーマンスの3つの要因が考えられる。
  4. 市場関係者によると、2011年4月25日時点で組成中の元本保証型投信は89本あり、その多くが年内に設定・募集される見通しである。金融危機によって中国株式市場が下落したことを受け、高いリターンから安全性・安定性へと投資家のニーズがシフトしつつあることや、元本保証型投信がインフレのヘッジ手段として注目を集めていることも、同投信の成長に寄与していくものと思われ、今後の動向が益々注目される。

新井 竜雄の他の論文を見る  

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.