トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

[PDF] バックナンバー一覧
野村資本市場クォータリー 2012年夏号
人民元オフショア取引をめぐって激化する市場間競争
関根 栄一、岩谷 賢伸
要約
[PDF] 全文PDFダウンロード
  1. 2012年4月18日、HSBCはロンドンで人民元建て社債を発行し、ロンドン証券取引所に上場した。これは、ロンドン市によるロンドン人民元ビジネスセンター構想の公表にあわせて行われたもので、香港や他の金融センターを補完し、ロンドンを国際的な人民元ビジネスの「西洋におけるハブ」にするという戦略的な構想に基づくものである。
  2. 同構想では、西洋における人民元ビジネスのロンドンとしての強みを、(1)中国本土や香港と重なる営業時間帯(時差)、(2)英国の洗練された法制度や規制体系、(3)グローバルな金融機関の集積を通じた商品開発等の歴史、(4)為替市場や債券市場に対するグローバルな機関投資家による流動性の提供、にあるとしている。
  3. ロンドンの人民元オフショア市場には、(1)人民元預金は1,090億元超で短期間に急成長、(2)富裕層顧客の人民元建て金融商品・取引への需要が高く、プライベート・バンキング口座が急増、(3)国際ビジネスセンターとして貿易関連の人民元建て取引の需要に基づくコーポレート・バンキング・ビジネスの機会が豊富、(4)人民元為替取引では香港に次ぐ取引規模で、オフショア人民元のスポット取引全体の26%を占める、などの特徴がある。
  4. 一方、東京市場の場合、2011年12月25日の日中首脳会談に基づく日中金融協力合意があり、2012年4月までの約4カ月の間に、個別の認可実績や、QFII(適格外国機関投資家)の中国全体の運用枠の拡大、中国当局からの日本政府の中国国債購入枠の認可といった成果が既に出ている。東京市場は、中国向け貿易や直接投資といった実需面での規模が大きく、今後人民元建て貿易決済が増えていけば、人民元建ての資産運用や資金調達などの金融サービスに拡がりが出てくる潜在性は高いといえよう。

関根 栄一の他の論文を見る 研究員紹介へ
岩谷 賢伸の他の論文を見る  

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.