トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

[PDF] バックナンバー一覧
野村資本市場クォータリー 2015年秋号
日本のアジア地域ファンド・パスポート(ARFP)への参加表明
野村 亜紀子
要約
[PDF] 全文PDFダウンロード
  1. 2015年9月11日、APEC財務大臣会合において、日本のアジア地域ファンド・パスポート(ARFP)への参加表明が行われた。ARFPとは、アジア太平洋地域に投資信託の共通制度を創設しようとするもので、ARFP参加国で承認された投資信託は、他の参加国において簡潔な手続きのみで販売可能となる。欧州UCITSのアジア版とも言える。パスポート制度の創設に当たっては参加国の規模が重要となることから、日本が参加するかどうかは一つの注目点となっていた。
  2. 現時点ではARFPの制度の詳細が未確定であり、実際のところどの程度のインプリケーションを持つのかは不透明と言わざるを得ない。しかし、成長が期待されるアジア太平洋地域における中長期的なアセットマネジメント・ビジネスを展望するに当たり、日本がARFPに参加し同制度の形成にコミットすることの意義は大きいと考えられる。
  3. 今後、参加国の規制当局が2015年末までに協力覚書に署名し、それを受けて国内法制の整備を行い、2国以上で準備が完了し次第、ARFPの制度が利用可能になる。最大の課題の一つとされる、国内籍投信と外国籍投信に関する税制面の相違にどう対応するか、シンガポール、香港といったクロスボーダー・ファンド・センターの参加を得られるかといった点が注目される。中長期的には、域内に併存する他のパスポート構想との関係をどう整理していくかも課題となろう。

野村 亜紀子の他の論文を見る 研究員紹介へ

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.