トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

磯部 昌吾(いそべ しょうご)
Nomura International plc NICMR, Financial Industry Analyst
主な研究テーマ
欧州金融資本市場、金融規制

学歴・職歴
学歴(留学歴)
2007年 一橋大学経済学部卒業
2009年 一橋大学大学院経済学研究科修了

職歴(研究歴)
2009年4月 野村證券(株)入社、(株)野村資本市場研究所 研究部に配属
2012年7月 財務省財務総合政策研究所に出向、研究部に配属
2014年7月 金融庁に出向、金融研究センター兼監督局総務課に配属
2017年7月 (株)野村資本市場研究所 研究部に配属
2018年11月 Nomura International plc NICMR 出向

主な論文
論文一覧へ(野村資本市場クォータリー)
「新型コロナウイルスの感染拡大に揺れ動く欧州金融市場−金融関連の政策対応と経済対策の財源問題−」『野村資本市場クォータリー』2020年春号
「気候変動対策で世界のリーダーを目指す『欧州グリーンディール』」(共著)『野村資本市場クォータリー』2020年冬号
「EUにおける自己資本規制へのESGリスク反映の議論−アクション・プランを示した欧州銀行監督機構−」『野村資本市場クォータリー』2020年冬号
「ブレグジットの国民投票から2年半が経過する英国−ロンドン金融・資本市場への影響−」『野村資本市場クォータリー』2020年冬号ウェブサイト版
「苦境に立たされる欧州の大手銀行−欧銀が抱える課題と活路−」『野村資本市場クォータリー』2019年秋号
「英国の金融制度の将来に向けたBOEの優先分野−テクノロジーの進化による環境変化への対応−」『野村資本市場クォータリー』2019年秋号ウェブサイト版
「猶予期間が残り約1年となったEUベンチマーク規則−第三国指標の利用と金利指標改革への影響−」『野村資本市場クォータリー』2019年冬号ウェブサイト版
「LIBOR改革の進捗と課題−米・英の新たなリスクフリー・レートの公表−」『野村資本市場クォータリー』2018年夏号ウェブサイト版
「バーゼル委員会による信用リスクの内部格付手法(IRB)の見直しの最終化」『野村資本市場クォータリー』2018年春号
「マーケット・リスク計測の最終合意の見直しを提案したバーゼル委員会」『野村資本市場クォータリー』2018年春号
「バーゼル委員会による信用リスクの標準的手法の見直しの最終化」『野村資本市場クォータリー』2018年冬号
「今後の行方が注目されるLIBOR改革−金利指標改革の最近の動向−」『野村資本市場クォータリー』2017年秋号ウェブサイト版
「米国のOTCデリバティブ規制改革−改革の全体像と課題−」『野村資本市場クォータリー』2012年冬号
「日本のOTCデリバティブ規制改革−改革の具体的な方向性を示した金融庁−」『野村資本市場クォータリー』2012年冬号ウェブサイト版
「金融規制改革を継続する方針を示したカンヌ・サミット」『野村資本市場クォータリー』2012年冬号ウェブサイト版
「バーゼルIII:包括的な銀行規制改革パッケージの概要」(共著)『野村資本市場クォータリー』2011年冬号


このページの先頭へ
ご利用にあたって個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.