トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

神山 哲也(かみやま てつや)
Nomura International plc NICMR
Head of Unit, Senior Analyst
主な研究テーマ
証券市場制度、アセットマネジメント

学歴・職歴
学歴(留学歴)
1998年 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
2000年 早稲田大学院政治学研究科修了

職歴(研究歴)
2000年4月 (株)野村総合研究所入社、資本市場研究部に配属
2002年4月 野村アセットマネジメント(株)入社、総合企画室に配属
2004年4月 (株)野村資本市場研究所発足に伴い、同研究所 研究部に配属
2005年8月 (株)野村資本市場研究所 ロンドン駐在員事務所に配属
2007年8月 (株)野村資本市場研究所 研究部に配属
2010年11月 (株)野村資本市場研究所 ニューヨーク駐在員事務所に配属
2011年12月 内閣官房に出向、国家戦略室に配属
2013年1月 (株)野村資本市場研究所、研究部に配属
2013年7月 (株)野村資本市場研究所 ロンドン駐在員事務所に配属
2016年12月 Nomura International plc NICMR 出向

委員等の委託(主なもの)
日本経済研究センター「アジア研究会」委員(2009年5月〜)

主な論文
論文一覧へ(野村資本市場クォータリー)
「成長戦略に欠かせない中小企業への金融支援策」『野村資本市場クォータリー』2013年冬号ウェブサイト版2013年2月
「日本再生に必要な「金融戦略」」『週間金融財政事情』2012年9月3日号
「新たな展開を見せる金融危機後のSWF」『野村資本市場クォータリー』2010年夏号
「チャネル戦略でリテール・ビジネスを強化するレイモンド・ジェームズ」(共著)『資本市場クォータリー』2009年秋号ウェブサイト版
「米国金融リテール戦略における行動ファイナンスの活用」(共著)『資本市場クォータリー』2009年春号
「米国証券化市場の回復の鍵とその可能性」(共著)『資本市場クォータリー』2009年春号
「アジアにおける英国型M&A規制の採用事例」『資本市場クォータリー』2009年春号
「サティヤムの粉飾決算事件とインド企業のガバナンス」『資本市場クォータリー』2009年春号
「SWF:行動規範の策定と最近の動向」『資本市場クォータリー』2009年冬号
「イスラム証券ビジネス−マレーシア市場を中心に−」『資本市場クォータリー』2008年秋号
「英国におけるM&Aに係る法規制と執行体制」『資本市場クォータリー』2008年秋号
「中国におけるプライベート・エクイティ市場の現状」(共著)『資本市場クォータリー』2008年夏号
「大手SWFと相互協定を締結する米国」『資本市場クォータリー』2008年春号
「インドにおけるプライベート・エクイティ市場の現状」『資本市場クォータリー』2008年春号
「オーストラリアにおけるスーパーアニュエーションの現状」『資本市場クォータリー』2008年春号
「台頭する国富ファンド」『資本市場クォータリー』2008年冬号
「インド投資信託業界の現状」『資本市場クォータリー』2007年秋号
「英国における年金バイアウト・ビジネスの現状」『資本市場クォータリー』2007年夏号
「欧州無議決権優先株の現状とわが国への示唆」『資本市場クォータリー』2007年春号
「EU金融商品市場指令の欧州資本市場への影響」『資本市場クォータリー』2007年冬号
「欧州における清算・決済機関を巡る動き」『資本市場クォータリー』2006年秋号
「ロンドン証券取引所の買収合戦−ナスダック参戦の意味」『週刊エコノミスト』2006年4月18日号
「英国における公的年金改革」『資本市場クォータリー』2006年冬号
「買収防衛策を巡る米国機関投資家の見方」『資本市場クォータリー』2005年夏号
「英米で進むソフトダラー規制」『資本市場クォータリー』2005年春号
「米国資産運用業界におけるアウトソーシング・ビジネス」『資本市場クォータリー』2004年夏号

主な著作
著作一覧へ


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.