トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

西山 賢吾(にしやま けんご)
主任研究員
主な研究テーマ
ESG(環境、社会、コーポレートガバナンス)、株式保有構造

学歴・職歴
学歴(留学歴)
1991年 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業
2017年 早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了(ファイナンス修士[専門職])

職歴(研究歴)
1991年4月 (株)野村総合研究所 大阪調査部
1993年12月 同 投資調査部
1995年12月 野村證券(株)国際業務部出向
1997年12月 (株)野村総合研究所 投資調査部
1998年4月 野村證券(株)に転籍 投資調査部
2013年5月 同 経済調査部
2015年5月 同 エクイティ・リサーチ部
2018年4月 (株)野村資本市場研究所 研究部

委員等の委託(主なもの)
企業会計基準委員会 非常勤委員
東京証券取引所上場制度懇談会 委員

主な論文
論文一覧へ(野村資本市場クォータリー)
さらに歩みを進める企業統治改革(財界観測)『野村證券、野村資本市場研究所』2018年4月
「議決権行使個別開示」の現状と課題(金融財政事情)『金融財政事情』2017年11月
スチュワードシップコ−ドの改訂と機関投資家の対応(証券アナリストジャーナル)『日本証券アナリスト協会』2018年3月
コーポレートガバナンス改革の「次の課題」(証券アナリストジャーナル)『日本証券アナリスト協会』2016年8月
カギになる「企業の社会的責任」と資金活用(金融財政事情)『金融財政事情』2016年5月
コーポレートガバナンス改革の鍵を握る国内M&A (MARR)『レコフ』2016年6月
日本の企業統治改革の進捗と今後の注目点(財界観測)『野村證券、野村資本市場研究所』2016年4月
上場企業への議決権行使状況と今後の注目点『野村證券、野村資本市場研究所』2015年3月
成長戦略と企業統治:3年目の注目点(財界観測)『野村證券、野村資本市場研究所』2014年7月
日本における株式持ち合い:変遷・現状・将来(月刊金融ジャーナル)『金融ジャーナル社』2014年2月

主な著作
著作一覧へ


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.