トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報

[PDF] バックナンバー一覧
野村資本市場クォータリー 2012年夏号
ジェンスプリング・ファミリーオフィスの躍進とマルチファミリーオフィス
石井 康之
要約
[PDF] 全文PDFダウンロード
  1. 米国では、多様なニーズを持つ超富裕層ファミリーに専属で対応するファミリーオフィスが注目を集めている。様々なプレーヤーが関連サービスを手がける中で、金融危機後は、複数のファミリーにサービスを提供するマルチファミリーオフィス(MFO)の競争力が増しているとされる。大手金融機関への信頼感が低下する一方で、顧客資産の運用や管理・オペレーションについては、より専門性と客観性を求める顧客が増加しているからである。
  2. 中でも、フロリダ州に本拠地を持つジェンスプリング・ファミリーオフィスは、他のMFOの買収を通じて急成長しており、注目を集めている。
  3. ジェンスプリングは大手金融機関から経営陣を獲得、拡大を目指す一方で、ファミリーに尽くす姿勢を引き続き重視し、各ファミリーから得た経験を社内で共有して顧客対応力を磨き、顧客との利益相反を排除することで顧客の信頼を獲得している。
  4. 日本でも、超富裕層ファミリーに高度な資産運用ノウハウ、効率的な資産管理のためのITシステムなどを統合的に提供するMFOの登場が期待されよう。人材・資本などの経営資源をすでに有している大手金融機関が、日本型MFOに最も近い位置にいる業態といえるかも知れない。

石井 康之の他の論文を見る  

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.