お問い合わせ

野村資本市場研究所へのお問合せは「野村ホールディングス」のサイトよりお受けしております。お問合せの際は、お手数をおかけいたしますが、「野村資本市場研究所あて」とご明記ください。

「野村ホールディングス」サイトからお問い合わせする

Q1 資本市場研究所と野村證券の関係は?

株式会社野村資本市場研究所も、野村證券株式会社も、野村グループの持ち株会社である野村ホールディングス株式会社傘下の企業です。したがって、野村證券と野村資本市場研究所の間に資本関係はありませんが、同じ野村グループの一員としてわが国の金融・資本市場の発展に貢献したいと考え、情報交換等を通じた協力関係にあります。

Q2 野村総合研究所との関係は?金融経済研究所との関係は?

当研究所は、野村総合研究所の旧資本市場研究部の調査・研究の伝統を受け継ぎ同部の研究員を中心に、2004年4月に野村グループを構成する独立した会社として設立されました。現在、野村総合研究所との間には資本的、人的関係はありません。
また、野村グループの中心である野村證券には、リサーチ部門として金融経済研究所があります。金融経済研究所は、業種別、個別株式の評価・分析やマクロ経済分析、金融工学など証券会社ビジネスの一環としての調査サービスです。
一方、当研究所は、日常的な証券会社のビジネスとは一定の距離を置き、金融・資本市場の動向を専門的かつ中立的に研究しており、同じ野村グループ内のリサーチ組織ですが、証券会社組織とは別法人で独立して調査を行っております。

Q3 所在地を教えて下さい

住所は、東京都千代田区大手町2-2-2 アーバンネット大手町ビルの中にあります。詳しくは、オフィスマップをご参照ください。

Q4 どんな研究(仕事)をしているのですか?

欧米の動向をふまえ、わが国の金融・資本市場および金融機関の制度・構造・動向などを専門的かつ中立的に研究しています。研究の成果は主に野村資本市場クォータリー、野村サステナビリティクォータリー、Nomura Journal of Capital Marketsなどの出版物を通じて国内外に発信しています。
詳しくは、下記のページをご覧下さい。

Q5 講演・執筆をお願いしたいのですがどうしたら良いでしょうか?

講演・執筆のご依頼につきましては、原則、野村證券ならびに野村グループ各社を通じてお受けしております。お手数ですが、野村證券の担当者等にお問い合わせください。

Q6 コンサルティングを依頼したいのですが

申し訳ございませんが、野村資本市場研究所では、コンサルティングは行っておりません。

Q7 野村資本市場クォータリー・野村サステナビリティクォータリーはいつ発行されるのですか?

野村資本市場クォータリーは季刊誌です。原則2月、5月、8月、11月に発行されます。
野村サステナビリティクォータリーは原則3月、6月、9月、12月に発行されます。

Q8 野村資本市場クォータリー・野村サステナビリティクォータリーを購入したい&バックナンバーが欲しい

デジタルブック+印刷物のご購入をご希望の方は季刊誌購読システムからお申込みください。
書面にてご希望の方は下記のページから用紙をダウンロードの上、メールに添付してお送りいただくか、ファックスにてお送りください。

Q9 支店(出先機関)はあるのですか?

野村資本市場研究所は、北京に駐在員事務所があります。