トップページへEnglish中文よくあるご質問お問合せサイトマップ野村グループ
野村資本市場研究所
サイト内を検索
研究レポート統計・データ出版物のご紹介研究員のご紹介会社情報
研究レポート
2019年
秋号
夏号
春号
冬号
2018年
秋号
夏号
春号
冬号
2017年
秋号
夏号
春号
冬号
2016年
秋号
夏号
春号
冬号
2015年
秋号
夏号
春号
冬号
2014年
秋号
夏号
春号
冬号
2013年
秋号
夏号
春号
冬号
2012年
秋号
夏号
春号
冬号
2011年
秋号
夏号
春号
冬号
2010年
秋号
夏号
春号
冬号
2009年
秋号
夏号
春号
冬号
2008年
秋号
夏号
春号
冬号
2007年
秋号
夏号
春号
冬号
2006年
秋号
夏号
春号
冬号
2005年
秋号
夏号
春号
冬号
2004年
秋号
夏号
春号
冬号
2003年
秋号
夏号
春号
冬号
2002年
秋号
夏号
春号
冬号
2001年
秋号
夏号
春号
冬号
2000年
秋号
夏号
春号
冬号
1999年
秋号
夏号
春号
冬号
1998年
秋号
夏号
春号
冬号
1997年
秋号
夏号

[PDF] バックナンバー一覧
論文一覧
関 雄太

「要約」ボタンをクリックすると論文の要約をご覧いただけます。※一部要約のないものは、論文の冒頭数行を表示しております。
「PDF」ボタンをクリックすると論文の全文をご覧いただけます。
資産運用におけるオルタナティブ・データ活用の可能性と課題 2019秋 要約

機械学習型人工知能とビッグデータの結合がもたらす金融サービス業の変化 2016春 要約 PDF

ヘルスケアREITの活用による医療・介護施設の供給増大と再編 2014秋 要約 PDF

米国で注目が集まる高頻度取引(HFT)の功罪を巡る議論 2014夏 要約 PDF

韓国における資本市場改革の進展と新政権の課題 2013春 要約 PDF

厳しい評価を受ける米銀経営のリスクと課題 2012冬 要約 PDF

発表されたボルカー・ルール規則案 2012冬 要約 PDF

ファニーメイ・フレディマックの段階的縮小を表明したオバマ政権の住宅金融改革報告書 2011春 要約 PDF

ボルカー・ルールに関する調査・提言を公表した米国金融安定監督カウンシル(FSOC) 2011冬 要約 PDF

ゴールドマン・サックスによるフェイスブック出資を巡る議論 2011冬 要約 PDF

ゴールドマン・サックスにおけるガバナンス改革の取り組み 2011冬 要約 PDF

ドッド=フランク法に対する米国証券業界の反応−SIFMA規制改革サミットの内容報告− 2010秋 PDF

金融規制改革法案とオバマ大統領のクーパー・ユニオン演説 2010夏 PDF

欧米で注目されるリファイナンス問題 2010春 要約 PDF

銀行の自己勘定トレーディング業務・合併の制限を求めたオバマ大統領 2010春 PDF

CDSとOTCデリバティブを巡る米国の規制改革・市場改革の進展 2009秋 要約 PDF

消費者金融保護庁(CFPA)構想を巡る米国連邦議会公聴会の議論 2009秋 PDF

ストレステストの見方とバンク・オブ・アメリカ、GMAC 2009夏 PDF

上院銀行委員会『Too Big to Failとみなされる金融機関の規制と破綻処理』公聴会の主要発言内容 2009夏 PDF

証券化・CDS市場の規制に関するIOSCOのコンサルテーション・レポート 2009夏 PDF

金融システムのプロシクリカリティへの対応に関する金融安定化フォーラム報告書 2009夏 PDF

金融安定化プランの発表:不良資産問題を直視しはじめた米国資本市場 2009春 要約 PDF

米国財務省が公表した金融規制改革のフレームワーク 2009春 要約 PDF

IOSCO(証券監督者国際機構)による空売り規制のアプローチ 2009春 要約 PDF

CDSの決済リスクを巡る議論と米国金融業界の取組み 2009春 要約 PDF

AIG問題の複雑化と巨大複合金融機関の公的管理に関する課題 2009春 要約 PDF

米国証券化市場の回復の鍵とその可能性 2009春 要約 PDF

CMBS市場の崩壊とシティグループ救済策の効果 2009冬 要約 PDF

問題資産買取プログラム(TARP)の実効性を巡る議論 2008秋 要約 PDF

ファニーメイ・フレディマックを巡る金融不安とGSE規制改革の動き 2008秋 要約 PDF

米国銀行セクターの収益を圧迫するノンパフォーミング資産問題 2008夏 要約 PDF

サブプライムローン問題の克服に挑む米国資本市場 2008春 要約 PDF

シティグループの格下げと「スーパーシニア問題」 2008冬 要約 PDF

サブプライム問題からABCP問題へ 2007秋 要約 PDF

新たな自主規制機関FINRAの誕生 2007秋 要約 PDF

空売り価格規制の撤廃を決めたSEC 2007夏 要約 PDF

統合に合意したワコビア証券とAGエドワーズ 2007夏 要約 PDF

欧米機関投資家の注目を集める森林投資 2007夏 要約 PDF

「21世紀の米国資本市場規制に関する委員会」が見た課題 2007春 要約 PDF

国際金融センターとしての地位低下を懸念するニューヨーク 2007春 要約 PDF

ブラックストーンによるエクイティ・オフィス買収とREITの非公開化 2007春 要約 PDF

米国資本市場の競争力低下と規制改革を巡る議論−資本市場規制に関する委員会中間報告− 2007冬 要約 PDF

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンの誕生 2007冬 要約 PDF

シカゴマーカンタイル取引所で始まった住宅価格指数先物取引 2006秋 要約 PDF

米国機関投資家の不動産投資と私募不動産ファンド 2006夏 要約 PDF

イノベーションが続く米国ETF市場 2006夏 要約 PDF

新たな収益機会の獲得が課題となるヘッジファンド 2006春 要約 PDF

ブラックロックと資産運用部門を統合するメリル・リンチ 2006春 要約 PDF

米国における投信マーケティングの潮流とホールセラー 2006春 要約 PDF

再評価されるチャールズ・シュワブ 2006冬 要約 PDF

レフコ事件が提起した問題 2006冬 要約 PDF

CDS・CDO市場の急拡大と信用リスク取引を巡る議論 2005秋 要約 PDF

コモディティETFの開発と米国ETF市場の多様化 2005秋 要約 PDF

バンク・オブ・アメリカの成長戦略関 2005夏 要約 PDF

個人投資家の資産運用への活用がすすむ米国ETF 2005夏 要約 PDF

米国の富裕層と財団:オルタナティブ投資に対する見方 2005夏 要約 PDF

ファニーメイの会計不正問題とGSE改革の展望 2005春 要約 PDF

フィナンシャル・アドバイザー経由の販売で急拡大するアメリカン・ファンズ 2005春 要約 PDF

空売り価格規制の広範な緩和を視野に入れるSEC 2005冬 要約 PDF

アセットクラスとして注目を集める米国レバレッジド・ローン 2004秋 要約 PDF

米国の新たな空売り規制について 2004冬 要約 PDF

ニューヨーク証券取引所の新たな統治機構とスペシャリスト問題 2004冬 要約 PDF

ニューヨーク証券取引所のガバナンス改革をめぐる動き 2003秋 要約 PDF

欧州の郵便局における投資信託販売の状況 2003秋 要約 PDF

産業再生の新たな枠組み−産業再生法の包括的な改正と狙い− 2003春 要約 PDF

欧州におけるコーポレートガバナンスの潮流と日本企業 2003冬 要約 PDF

個人投資家層に広がるヘッジファンド投資 2002秋 要約 PDF

機関投資家の資産運用と不動産投資信託 2002夏 要約 PDF

拡大する欧州のプライベート・エクイティ投資と米国の動向 2002春 要約 PDF

日本企業におけるデット・エクイティ・スワップ(債務の株式化) 2002春 要約 PDF

米国企業における自社株プットオプションの活用 2002冬 要約 PDF

活発化し始めたわが国MBOの現状と課題 2001秋 要約 PDF

CMBS市場の現状とわが国における将来性 2001夏 要約 PDF

米国投資銀行業界の決算動向(2000年度) 2001春 要約 PDF

不動産投資信託の登場と投資評価の視点 2001冬 要約 PDF

SPC法改正と証券化の潮流 2000夏 要約 PDF

米国銀行持ち株会社の資金調達機能について 2000夏 要約 PDF

運用対象を拡大する投資信託法改正案 2000春 要約 PDF

米国大手投資銀行のアドバイザリー業務 2000春 要約 PDF

証券市場へシフトし始めた個人資金 2000春 要約 PDF

日本版不動産投資信託の導入論議について 2000冬 要約 PDF

進展するシンガポールの金融セクター改革 1999秋 要約 PDF

米国REIT市場の発展と不動産ファイナンス 1999夏 要約 PDF


※所属や氏名は、論文掲載当時のものです。

PDFファイルを表示させるためには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は先にダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード


このページの先頭へ
ご利用にあたってユーザーガイド個人情報保護方針 COPYRIGHT(C) NOMURA INSTITUTE OF CAPITAL MARKETS RESEARCH, ALL RIGHTS RESERVED.