野村サステナビリティ研究センター

野村資本市場研究所の野村サステナビリティ研究センターは、サステナビリティ関連研究を行う場として、2019年12月に野村資本市場研究所の中に設立されました。本センターは、野村資本市場研究所による客観的・実践的な研究に立脚しながら、金融・資本市場と密接なサステナビリティ関連テーマの組織的・戦略的な抽出・モニタリングを行い、情報発信や各種提言をはじめとする活動に取り組んでいます。

理事長挨拶

野村グループは、企業理念として「豊かな社会の創造」を掲げ、創業以来、金融資本市場を通じてその社会的使命を果たすべく活動をしております。本センターは、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定といった国際的合意を背景に、サステナビリティに関する議論を多面的かつ迅速に進める必要がある中、2019年12月に設立されました。本センターでは、産業・経済・社会の発展に向けて実情を踏まえた上で、世界的なサステナビリティ関連課題の解決に向けて、資本市場がどのように活用されるべきかといった観点で研究を展開してまいります。

センター長挨拶

野村資本市場研究所では、気候変動、高齢化、社会保障関連、地方創生、農業、教育、コーポレート・ガバナンス等のテーマを、債券や株式といった資金調達、金融規制、情報開示、税・財政制度等の観点から、そして、欧州、米国、中国・アジア等の地域的観点から、調査研究してまいりました。本センターでは、野村資本市場研究所がこれまで蓄積してきたサステナビリティ関連の調査研究をさらに幅広く拡充してまいります。また、アジアに立脚したグローバル展開を目指す野村グループとして、世界、アジア、日本それぞれのサステナビリティ関連課題の解決に向けたテーマにも焦点を当て、研究及び情報発信等を進めてまいります。

アドバイザー

野村サステナビリティ研究センターでは、下記の方々にアドバイザーにご就任いただいています。

  • 学習院大学教授 東京大学名誉教授 神田 秀樹 氏
  • 東洋大学大学院教授・公民連 携専攻長 根本 祐二 氏
  • 高崎経済大学学長 水口 剛 氏
  • 神戸大学 経済経営研究所教授・所長 家森 信善 氏
  • アドバイザーの方々からのコメントは、こちらをご覧ください。

野村サステナビリティクォータリー

日本や海外のサステナブルファイナンス市場、ESG/SDGs関連の話題、出来事について解説し、論点を整理したものです。

出版物

「野村サステナビリティクォータリー」を4半期に1度発行しております。
詳細は以下のページからご覧いただけます。

研究レポート

過去の「野村サステナビリティクォータリー」に掲載の論文・要約につきましては以下のページから御覧いただけます。ご利用下さい。